病因論

歯周病って何?

30代の約8割の人が歯周病と言われています

歯周病って聞いたことありますか?聞いたことはあるけれどどんな病気かは知らないという方が大半だと思います。実は30代の約8割の人が歯周病と言われており、歯を失う原因の半分が歯周病なのです。ところが、重症化する歯周病(侵襲性歯周病)の発生率は0.05~0.1%と本来は稀な病気だと言われています。

歯周病は「バイオフィルム」という細菌による感染症です。バイオフィルムとは、細菌が共同生活している集合体のようなもので、歯と歯茎に対して強固に張り付き歯茎に炎症を起こします。更にバイオフィルムは耐性も強いため、抗菌剤や抗生物質を通さず、免疫細胞である白血球も入り込むことができません。その結果、細菌が増殖し歯槽骨(歯を支えている骨)に細菌が侵入しようとするのを防ぐ自己防御反応として、歯を支えている骨の破壊を起こすのです。また、重度歯周病になってしまうと、歯周外科(歯茎の手術)や再生療法など、複雑かつ大変な治療が必要になり容易には治りません。しかし、初期の歯周病は比較的簡単に治る病気なのです。なぜなら、どんな重度歯周病であろうとも、最初は軽度の歯周病なので、個人の歯周病のかかりやすさ(リスク)を調べることによって、早い段階から歯周病の進行を止めることが可能なのです。できるだけ若いうちから適切な治療をし、定期的に管理しておけば、悪化を防ぐことができる病気であることが分かってきました。

定期的な管理とは自身のリスク(かかりやすさ)を知った上で、セルフケアとプロフェッショナルケア(歯科医院で行うバイオフィルムの除去)を行うことです。日本人の多くの方は、健康な状態で歯科医院にメインテナンス目的で通う習慣があまりないため、悪くなってから歯科医院に通い既に手遅れな歯周病の患者さんが多いのです。そこで当院では、Roy C. Page(元ワシントン大学歯学部教授)をはじめとするアメリカの歯周病専門医グループと、PREVISER社が10年かけて開発した、歯周病のリスク評価を行なう「OHI‐S」というソフトウェアを使用し、蓄積され続ける膨大な疫学データをもとに構築した、世界基準のリスク評価を提供し、そのリスクに合わせたメインテナンス間隔を推奨しています。