ドクター

院長紹介

畑 慎太郎 Shintaro Hata

1999年3月
東京医科歯科大学 卒業
1999年4月
神奈川県海老名市 アップル歯科クリニック勤務
2004年6月
東京都西東京市 アップル歯科クリニック開業
2014年10月
医療法人社団ADC設立

ごあいさつ

歯科医療の目的は、人々の口腔内の健康を生涯に渡って守り身体の健康を維持することです。しかしながら、多くの患者さんは口腔内に問題がある時にだけ受診するものです。また、医療機関側も当面は痛みが無くなる様にという“削って詰める治療”、言わば外科的治療の繰り返しを中心に診療しています。こういった歯科医院の掛かり方は、一見患者さんにとってみれば便利で満足する診療かと思われますが、結果的に将来多くの歯を失う原因となっていることが分かってきています。歯というのは心臓や肝臓と同じように臓器の一部であり、歯が一本無くなるということはとても大変なことなのです。

本来あるべき治療の姿とは、むし歯になった原因、そしてこれからむし歯になるリスクを調べた上で、そのリスクを最小限に低くし、必要に応じて外科的治療をすることです。そうすることによって、治療の繰り返しを極力少なくすることができ、結果として歯の喪失を遅らせることができるのです。また、日本人の30代以降の約8割が歯周病と言われており、自覚症状が出てくる頃には既に重症化しているのです。歯周病の治療に関しては、症状の進行を未然に防ぐことが一番の対応策ですので、まずはむし歯の治療同様、自分の歯の健康状態を調べ、リスクに応じた診察が必要なのです。要するに、一度削ったり失った歯は元通りに戻ることはなく、その後どんなに素晴らしい治療を受けたとしても、本来ある自分の歯には決して敵わないのです。

本来ある歯としての機能を全うするためには、20歳時にカリエスフリー(むし歯ゼロの状態)を達成することが大事です。そのためには、家族ぐるみで歯科医院へ上手に掛かることが大切です。私たちの仕事は“歯を治すこと”ではなく“口腔の健康を守り身体の健康を維持すること”です。私たちは一人ひとりの患者さんに対して、生涯自分の歯で豊かな生活ができるようにサポートします。

歯科医師紹介

成人担当(GP)

畑 慎太郎

  • 東京医科歯科大学 卒業

鶴見 和久

  • 東京医科歯科大学 卒業

杜塚 美千代

  • 東京医科歯科大学 大学院卒業
  • 大学院医師学総合研究科 う蝕制御学

小児担当(U-20)

平和田 智佳

  • 東京医科歯科大学 卒業

専門分野担当

インプラント治療担当

星野 和正

  • 日本大学松戸歯学部 卒業
  • 日本口腔外科インプラント 学会認定医
  • 日本インプラント臨床研究会 アクティブメンバー
  • 日本顎咬合学会認定医
  • 日本大学松戸歯学部兼任講師

歯周治療担当

臼井 通彦

  • 東京医科歯科大学 卒業
  • 九州歯科大学歯学部 歯周病学分野 准教授

補綴治療担当

藤波 由希子

  • 東京医科歯科大学 大学院 卒業
  • 全部床義歯補綴学分野 非常勤講師(元助教)

矯正治療担当医

晝間 康明

  • 日本歯科大学 卒業
  • 新潟大学歯学部矯正科 歯学博士課程修了
  • OPひるま歯科矯正歯科院長

根管治療担当

辺見 浩一

口腔外科治療担当

稲葉 好則

  • 新潟大学 卒業
  • 東京医科歯科大学 大学院
  • 顎顔面外科学分野専攻
根管治療担当医 月曜日 9時~17時
補綴治療担当医 火曜日 9時~13時
口腔外科担当医 土曜日 14時~18時
歯周治療担当医 日曜日(月1回) 9時~13時
矯正治療担当医 日曜日(月1回) 9時~18時
インプラント治療担当医 不定期

歯科医師の役割分担

成人担当(GP)

GPとは「General Practioner」の略で総合診療医のことを指し、一般的な歯科治療全般を担当します。日本の歯科では主に総合診療医(GP)がすべての歯科治療を担うことが多く、専門分野に特化した専門分野担当医との連携を図ることは一般化されていません。仮に専門分野担当医との連携があるとすれば、矯正治療や口腔外科(親知らずの抜歯)の連携ぐらいだと思われます。当院では(インプラント治療、歯周治療、補綴治療、小児治療、根管治療、口腔外科治療、矯正治療)の専門分野担当医が在籍しており、必要に応じて各専門分野担当医と連携を図ります。本来、総合診療医(GP)の役割とは、リスクアセスメントした状態で一般診療の治療を行い、より難易度の高い治療においては、各専門分野担当医に依頼する司令塔の役割を果たし、患者さんの口腔内の健康を高めるところにあります。

小児担当(U-20)

U-20(Under-20)は、主に20歳以下である小児の歯科治療を中心に行います。この時期というのは、乳歯期、混合歯列期(乳歯と永久歯の混在する時期)、永久歯と目まぐるしく歯が生え変わる時期で、将来の口腔内を大きく左右するとても重要な時期なのです。この重要な時期を、0歳から20歳(成人)になるまでむし歯と歯周病の予防を徹底し、健康な口腔内を保つために手厚くサポートします。

近年では、むし歯は減少傾向にあります。(※1)しかし、成長するにつれてむし歯の数が増加する傾向は以前と比べてそれ程変わっていません。むし歯が増加する理由としては、部活動の始まりや受験勉強、交友関係の広がりから生活習慣が変わり、歯磨きの習慣や食生活の乱れなどによるものと考えられます。U-20では、0歳から20歳になるまでむし歯と歯周病のない健康な口腔内を作り、大人になっても歯に困らない健康な口腔内の状態が維持できるように努めます。

専門分野担当

一般医科では内科、外科、眼科、耳鼻科など、各専門分野に分かれています。欧米では歯科においても、より高度な治療や難易度の高い治療においては、総合診療医(GP)から専門分野担当医に依頼する専門医制度が確立されています。当院でも世界水準の医療に近づけるべく、各専門分野の担当医(インプラント治療、歯周治療、補綴治療、小児治療、根管治療、口腔外科治療、矯正治療)へ必要に応じて依頼し、より質の高い医療を提供することを目指しています。重要なことは、かかりつけの歯科衛生士(DH)と総合診療医(GP)を持ち、普段から自分自身の口腔内を十分に把握してもらうことです。(※2)そうすることによって、いざ治療が必要となった場合、高度な医療が必要か否かを見極めることができ、最適な治療を受けることができます。