KEEP28すべての歯を守ろう

当院の診療方針について

従来の削って詰めての繰り返しの歯科治療では最終的に歯を失ってしまいます。
では、1本も歯を失うことなく生涯ご自分の歯で健康に生活するためにはどうすれば良いのでしょうか。答えは予防歯科です。
患者さん一人ひとりのお口の状態に合った予防をするための3つのポイントを動画でご説明しております。

なぜ定期メインテナンスが必要なのか

歯を失う原因の90%以上がむし歯と歯周病です。この2大疾患は定期メンテナンスで予防をすることができます。
乳歯のころから継続的にメインテナンスをしていれば歯を失うことなく生涯健康な歯で生活すことが可能です。すでに何本か歯を失ってしまった方でも遅すぎるということはありません。メインテナンスはいつから始めても効果があります。
アップルデンタルセンターで行っている定期メインテナンスが単なる歯科健診やクリーニングとどのように違うのかを動画でご説明しております。

「歯科健診」では見つけられない「むし歯」があります
「歯科健診」では見つけられない「むし歯」があります

むし歯になると歯に穴が空くのはどうして?

むし歯になると歯に穴が空くのはどうしてでしょうか?
実は、穴が空く前からむし歯は始まっています。
むし歯になりかかっている部分というのは、歯の表面からミネラル分が溶けだしている状態です。その部分をう蝕といい、穴はう窩といいます。これらをまとめてむし歯と言います。

ホームケアの新ルール
ホームケアの新ルール

2.2.2.2ルール

ホームケアの新ルールについて説明します。
それは「2.2.2.2ルール」・朝晩1日2回磨く・歯磨き粉は歯ブラシに2センチ程付ける・ブラッシング時間は2分・歯磨き後は2時間飲食をしないです。
歯磨き粉にはフッ素が入っていますのでゆすぎは1回がおすすめです。

保護者の方へ
保護者の方へ

健康な歯はお子さんへの素敵なプレゼント

先進国の寿命は1日に5時間、延び続けているといわれています。
2045年には平均寿命が100歳に到達すると予測されています。
当院はお子さんが100歳の時に28本の歯を維持できるよう10028を目指しています。
健康な歯と素敵な笑顔をお子さんにプレゼントしませんか?

Information

医院について

ドクター紹介
スタッフ紹介
医院設備紹介
消毒滅菌について

病因論

むし歯って何?
歯周病って何?

診療データ

診療データ

Recommended

提携医院

立川の歯科医院 OPひるま歯科 矯正歯科
鶴見歯科クリニック
マンダリンデンタルオフィス

Group

SAT
若い歯科医師のためのPre Oralphysician Seminar(Pre OP Tokyo)
社会と予防歯科をつなぐ コミュニケーションギア
あしたのコミュニティーラボ

Instagram