アップルデンタルセンターが
知ってもらいたいこと

歯科医師・歯科衛生士を募集します

新規患者の初期治療からメインテナンスに至るまでしっかりと担ってくれる⻭科医師・⻭科衛生士を募集しています。
2004年に⻄東京市にて開業し、今年で17年目を迎える⻭科医院です。完全個室診療で予防⻭科を主軸に診療を行っています。社会労務士により労務管理を徹底しています。

院内勉強会・セミナー主宰・講演多数の⻭科医院です。院外での発表の場も多く、そういった場で活躍できる方、向上心のある方を募集しています。

当院のホームページ、募集要項をごらんの上、メールまたはお電話でご応募ください。

画像クリックで拡大します。

あなたは80歳で
何本の歯を残せますか?

人生100年時代を鑑(かんが)み、80歳・90歳・100歳で何本健康な歯が残せているかを目標にした歯科医療を行います。

白く健康的な歯で、口臭がなく、いくつになってもお肉やおせんべいが食べられるというのは幸せなことだと思います。

当院で提供するのが、メンテナンス(ときどき治療)を通して一生涯自分の歯で過ごすためのプログラムです。

ご自身が生涯にわたり自分の歯で過ごすことの価値に気づいていただき治療プログラムに参加されることがとても大切になります。

私たちは「あなた」のお口の健康の将来を共に考える人、相談者として「あなた」との信頼関係を築きたいと考えています。

Slow Dentistryとは

Slow Dentistryは歯科医療の水準を高めることにフォーカスした歯科医師のグローバルネットワークでスイスに本部があります。

 

Slow Dentistryの目的は健全な歯科医療を世界中に普及させることです。

 

高度な医療を提供することだけを目的とはせずに地に足の着いた歯科治療の基本原則に焦点をあてています。それがSlowDentistry®4つの柱です。

 

私たちは患者志向のネットワークです。治療の成功、安全性、快適性を高めるためにはなによりも「時間」が大切です。それを患者さん自身に気づいてもらいたいのです。

Slow Dentistryの4つの柱

麻酔

治療を開始する前に完全に効果的な麻酔をするために少しの時間まつことが必要です。

ラバーダム

唾液による汚染を防ぐ必要のある根幹治療などは歯を隔離するラバーダムを使用します。

診療室の消毒

各人の診療後にはガイドラインに沿った歯科ユニットの完全かつ適切な消毒を実施します。

インフォームドコンセント

個々の治療メリットデメリットを丁寧に説明し十分な理解を得た上で治療を開始します。

Social Dentistry

2020年、一般企業や、医療系の社会人大学院などで「令和時代の予防歯科」というテーマで口腔領域の講話をさせていただきました。

社会に予防が広がるための解決策について問いかけたところ受講された方からは様々な視点からご意見をいただき逆に学ばせていただきました。

歯科業界と一般生活者との間には依然としてギャップがあります。医療の質を高め、歯の喪失や治療介入、歯周組織の状態といったアウトカムをどんどん発信していくことによって歯科業界と一般生活者が繋がっていくと思います。その架け橋となるのがソーシャルデンティストリーです。

歯科医療を通じて社会が抱えている問題や課題に貢献できるならば歯科医療の価値が社会に認められるでしょう。

アップルデンタルセンター
について

電話受付時間変更のお知らせ

診療後に消毒・清拭を徹底して行うため、電話対応の時間を以下に変更させていただきます。

【平日】9:30~16:00
【土】 9:30~18:00

電話に出られない場合もございますので、ご了承ください。
以下のお問い合わせフォームでもご用件を承ります。
お問い合わせ